【西川口の本サロ事情-後編】西川口でやるからこそのNK流???

公開日:  最終更新日:2017/12/09

かつて一世を風靡したNK流を探し求めて、西川口の風俗街に降り立った小生。しかし、違法風俗浄化作戦を経た現在、壊滅状態になっていることを改めて思い知らされる。しかし、たまたま訪れた風俗案内所で一筋の光明が・・・。

⇒【西川口の本サロ事情-前編】かつて一世を風靡したNK流の現在

これは、まさかのNK流の呼び込みか!?

西川口の本サロ店内

西川口のNK流に辿りつくことが難しくなった今、小生の頭の中は若くてかわいい女の子とソープランドで一発ヤッていくことしかなかった。しかし、せっかくこれほど足を棒にして西川口を探索したにもかかわらず、何の釣果もなしにスッキリだけして帰るのも空しい気持ちがする・・・。

ソープランドに入るか?深夜にかけてもっと探し歩いてみるか?心の中で葛藤しながらソープ街をウロウロしていると、ふと見た東横インがある県道裏通りの周辺が何か怪しい。少し柄の悪そうな呼び込みが、たむろって談笑しているではないか。それは、何かかつてのNK流の呼び込みとデジャブったのである。

今や西川口の代名詞は格安ソープランド

たしか東横インは、デリヘルが呼べるビジネスホテルとして一部の人たちの間で有名だったよなぁ・・・。そんなことを思いながら、最後の望みをかけてみることにした。その場所にいたのは、風俗案内所とソープ店の関係者のようだ。小生が辺りをウロウロしていると風俗案内所のおっちゃんが声をかけてきた。

西川口の風俗案内所

『どうしました?女の子をお探しですか?』小生は、あたかもこれから利用したいかのように『ちょっと教えてもらっていいですか?』と答える。そして、風俗案内所の中で、現在の西川口の本サロ事情を聞きだすことができたのだ。

風俗浄化作戦が実施されてから、表向きは本番行為を自粛していたものの、裏ではNK流を繰り返すいたちごっこが続いていたそうである。しかし、経営者が懲役を食らうほど厳罰化された現在、一部マンションなどで営業しているお店もあるようだが、もうほとんどやっていないそうだ。

『絶対に内緒でNK流のお店を紹介してもらえないですか?』と聞くと、『1万円でできる格安ソープがいくつもある。わざわざ探す必要なんてあるんですかね?』ということだった。しかし、ここまで来たら食い下がれない。『NK流を体験してみたくて西川口に来たんです。ソープじゃ意味ないんですよっ!!』

西川口であるからこそのNK流

小生の執拗なお願いに根負けしたのか、店員は『実は、今日出勤して来る女の子の中にね・・・』と切り出してきた。『1人ですけど、スケベちゃんがいるんですよ。同じ料金のままでお願いすると、いいことあるかもしれませんよ・・・。』

来たっ!!表向きはお口だけのサービスでありながら、実は本番行為までできてしまう。これこそ、かつて隆盛を極めたNK流の醍醐味なのである。それを西川口でやるからこそNK流なのであり、蕨ではダメなんだ。正直そこまでこだわる意味ってあるのか?いや、ある、もうここまできたらやるしかない。

小生は、スケベちゃんと言われるAちゃんを迷わず指名する。総額は、ホテル代別の指名料込みで12,000円を支払ってくれとのことだった。そして、指定されたホテルで待機していると、まもなくトントンとドアをノックする音が聞こえた。

いきなり小生の体にまたがると・・・

NK流のAちゃんは、30代前半くらいの米倉良子似の女性であった。先ほど言われた金額を支払うと、デリヘル店に入室コール。さっそくお風呂に入ろうということになる。年齢のわりに大きくて張りのあるオッパイに小生は興奮を抑えられない。さて、本当にNK流ができるのだろうか?

念のために『さっきお店の人にお願いしたんですけど・・・』と聞くと、『あっ、聞いてますよ、“あれ”ですよね。』と具体的な会話をしたがらない。ここらへんは、やはりこの時勢だからこそなのだろうか?

ベッドで仰向けになった小生の上でAちゃんがプレイを開始する。尖った乳首で刺激しながらのパイズリに始まり、全身舐めからフェラチオへ突入。プレイそのものは至って普通の内容なのだが、このフェラチオが絶品だった。玉をやさしくサワサワしながら、唾液をたっぷりつけて亀頭の裏をレロレロしてくる。

そして、根元までのディープスロートで愚息がギンギンになったその時だ。Aちゃんはいきなり小生の体にまたがり、さっとゴムを装着したかと思うと本番に突入してきたのである。腰のグラインドが何ともまぁいやらしい。小生は、あえなく3分くらいで果ててしまったのだった。

一発抜いてスッキリして感じたこととは?

かくして、小生のNK流探しの旅は終わった・・・。少なくても今回の探索で分かったことは、もう大々的にNK流を行っているお店など100%ないということである。今回のように運良くデリヘルのサービスの延長としてか、一部のマンションなどの個室で違法営業しているお店だけなのだ。

また、一発抜いて冷静になってから感じたことであるが、もうNK流などという言葉にしがみつくのは、本当にナンセンスでしかないように思える。やはりNK流の醍醐味は、周囲からあえぎ声が聞こえてくる店内で、酒池肉林と言えるような本番行為ができるからこそである。

それが完全にできなくなった今、もう西川口のNK流という言葉は、過去の遺物でしかない。西川口は、今や本サロの街ではなく、ソープランドの街なのである。もうあの時代に戻ることなどできない。NK流の時代から営業している駅前の立ち飲み屋でひっかけた日本酒が、その日はずいぶんとしみるように思えた・・・。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on Pinterest
PAGE TOP ↑